メニュー

冷凍コンテナ冷蔵コンテナ・エージングコンテナ・環境試験庫・危険物保管庫 コンテナ・容器の販売・レンタルことならロッコーエンジニアリング 

お電話でのお問い合わせはこちら 0120-049-786
神 戸 078-303-3539 関 東 045-212-0378

初めて導入される方へ 基本説明

ボディ仕様

タイプ 3.6m (12フィート) 6m (20フィート) 12m (40フィート) 特注 (単体) 特注 (連結)
概要
外寸 Ⓐ 2.4m
Ⓑ 2.6m
Ⓒ 3.6m
Ⓐ 2.4m
Ⓑ 2.6m
Ⓒ 6.0m
Ⓐ 2.4m
Ⓑ 最大3.6m
Ⓒ 12.2m
Ⓐ 2.4m
Ⓑ 最大3.6m
Ⓒ 6m〜12m
Ⓐ 2.4m × 台数
Ⓑ 最大3.6m
Ⓒ 6m〜12m
最大入庫量 約9t 約25t 約30t ご確認ください ご確認ください
面積(坪数) 約7.8㎡(約2.3坪) 約14.4㎡(約4坪) 約28.8㎡(約8.5坪) ご確認ください ご確認ください
内容積 約18立方メートル 約30立方メートル 約67立方メートル ご確認ください ご確認ください
自重 約2トン 約2.6トン 約4.3トン ご確認ください ご確認ください

■内寸は多少異なる場合があります
■室外冷凍機を取付した場合、Ⓒの長さが異なります
■自重はコンテナボディのみ 機器は別途

付帯工事について

■冷凍・冷蔵コンテナ出力及び電源容量

三相200Vの動力電源電気容量及びコードの太さは冷凍機の出力で変わります

東日本:50hz 西日本:60hz
冷凍機出力
KW
ブレーカー容量
A(アンペア)
ケーブル径
スクエアー
1.5 (2馬力) 20 2
2.2 (3馬力) 30 5.5
3.0 (4馬力)
3.8 (5馬力) 40
4.5 (6馬力) 50 8
5.5 (7.5馬力) 60
6.0 (8馬力)
7.5 (10馬力) 75 14
※長さ20m以上のケーブルが必要時、入力は1ランク太くなります
制御盤参考写真

※ 設置完了後、
電源入力の業者手配願います
制御盤内にはブレーカーは装着済み、電源入力は手配願います

■コンテナ基礎標準図

写真・イメージ

冷凍機仕様

■冷凍機仕様

  一般型冷凍機 リーファーコンテナ
  イメージ写真 イメージ写真
能力 2~10馬力 10馬力
耐久年数 約10~15年 約10~15年
使用温度域 御希望の温度域に選定 -30℃~+30℃
騒音 低騒音 48~53デシベル
※家庭用エアコンと同じくらい静かです
高騒音 82デシベル
※民家が近くにある場合は適しません
アフターサービス お近くの冷凍機業者でも対応可能 修理業者が港湾地区に集中しており、
修理業者が限られる場合があります
ランニングコスト
(例:10馬力比較)
1ヶ月 5〜7万 1ヶ月 9〜12万

冷却機能説明

機能を理解して頂き、定期点検を毎年実施しますと安心してご使用いただけます

①断熱パネル ②室外機 ③室内機 ④制御盤 ⑤庫内
  • ① 断熱パネル

    機能外気と庫内を断熱パネルで熱遮断します
  • ② 室外機

    機能能力に応じた冷媒ガスを循環します

    ●ガス漏れ

    密閉されたガス回路の経年劣化、及び他機能部作動不良により、冷媒ガスが漏れ、エアー混入しガス不足となり停止します
    対策年に1回点検実施

    ●高圧カット(車のオーバーヒートと同じ)

    原因汚れや劣化で室外機のフィン(熱交換)の放熱機能が低下し機器が停止します(特に外気温度が+35℃以上の時に発生しやすい)
    対策室外機フィン部の汚れを水洗浄
  • ③ 室内機

    機能室外機からの冷媒ガスで、冷たい風を放出します

    ●霜付き

    室内機フィン部に空気中に含まれている水分が付着し目詰まりとなり、冷気が出なくなります
    原因頻繁な扉の開閉、長時間解放
    対策扉解放後、手動霜取りを定期的に実施、又は霜取りタイマーを短くセット

    ●水漏れ

    霜取り排水が水受けパネル(ドレンパン)より溢れ出る状態
    原因排水(ドレン)パイプにゴミ等が溜まり、外部へ流れない
    対策定期的な室内機、排水パイプの洗浄
  • ④ 制御盤

    機能例
    1)冷たいガス  スイッチ ON/OFF
    2)霜取り  スイッチ ON/OFF
    3)ブレーカー 漏電するとブレーカーが落ちる
    4)各センサー 自動
  • ⑤ 庫内

    ●冷気の循環をスムーズに

    入庫状況で冷気の流れが変わります

    ●常温の商品は入れない

    設定温度より温度差が多い商品は、設定温度到達まで時間を要します

建築確認申請・消防法

■建築確認申請とは

土地に定着する工作物のうち、屋根及び壁を有するものに於いて、床面積が10㎡を超えるときについては適用されます
その場合には都道府県知事への届出が必要となります
そして、設置場所によっては法令で定める用途制限と防火制限を受けます
尚、土地に定着する事なく、固定しなければ法の適用は受けず、仮設扱いと判断される場合も御座いますので、詳しくは最寄の役所等にお問い合わせ下さいませ

建築確認申請時の際は、当社より資料(図面)の御提出を致します

■消防法とは

火災を予防し、警戒し及び鎮圧し、国民の生命、身体及び財産を火災から保護することを目的とします
対象としては建築基準法で定めた防火制限並びに床面積によって、消火器具や火災報知器等の設置基準が設けられています
尚、当社製品であるコンテナにおいては特にこの法律における適用は受けませんが、所轄官庁によっては細目に渡って適用除外や限定の規定がありますので、前以て相談することをお勧めします

よくあるご質問

  • コンテナ設置するのに必要な電源は?
  • 『はじめてのお客様』の付帯工事をご参照下さい
  • コンテナの耐久年数(寿命)はどれくらいですか?
  • 約20年以上です
  • 発注してから設置までの期間はどれくらいですか?
  • 約2ヶ月、特別仕様の場合は約3〜5ヶ月要します
  • コンテナ代以外にかかる付帯費用は?
  • 一次側電気入力費、輸送費、クレーン費、スタッフ費が必要です
    費用は場所により異なりますのでお問合せ下さい
    お客様で手配して頂いても結構です
  • コンテナの設置方法は?
  • クレーン又はフォークリフトで設置します

    ■クレーン:屋外で、障害物(軒、電線、他)等が無ければ可能です

    ■フォークリフト:屋内・屋外共に設置可能です

  • レンタルとリースの違いは?
  • レンタルとはお客様と当社でレンタル契約をかわし、月々レンタル料を当社へお支払い
    リースとは当社がリース会社に販売し、お客様とリース会社でリース契約
  • コンテナ納入後のアフターサービス(冷凍機修理等)は?
  • 全国に修理業者のネットワークが有り、迅速に修理、点検等の手配を致します
  • 基礎は必要ですか?
  • コンクリート、アスファルトの場合は基礎は不要です
    砂利上の場合は基礎または敷鉄板が必要です
    基礎図は 『はじめてのお客様』の付帯工事をご参照下さい
  • 点検は年に何回必要ですか?
  • 1〜2回がベターです
  • 不要になったコンテナは引取、処分、可能ですか?
  • 現物確認の上対応させて頂きます
  • コンテナの見学は必要ですか?
  • ウェルカムです
  • コンテナのオーダーメイドできますか?
  • ご要望をお聞きした上でご提案いたします